Astral chilD Max + Blog

asmax21.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:第四話 TOP絵( 24 )


2008年 07月 06日

最終週、更新しました!!!四話完成ですっ!!!!

ヘヴヘル四話192ページまで更新しましたっ
24週連続更新、最後まで出来ました!!!

一月の27日から始まった四話の更新。当初、毎週漫画を8ページにTOP絵を一枚更新する事は無理だと思っていました。腱鞘炎の事もありましたし、どっかで休んだりして更新が滞るのではないかと。
でも、毎週毎週日曜日に更新出来ました。(ギリギリ日曜日、なんて日もありましたが…(汗))
24週連続で更新できて、本当に嬉しいです。

そして、この24週連続更新が出来たのは、私の漫画を読んで下さった皆様、毎週見てくださった皆様、そして応援して下さった皆様、更に世界中の皆様、のお陰です!
ありがとうございます!!!!!!!!!!!本当に、本当にありがとうございますっ☆蟻が10です!!!!!!!!×100000000000



四話が完成したので、来週から毎週の更新は暫しお休みになります。
腱鞘炎がだいぶ危険状態ですので、ゆっくり手を休めつつネーム祭りに突入予定ですっ。

わさび付きの準備もして、準備万端にして五話の更新は開始します。それまで漫画の更新はありませんが、このブログとTOPの絵は更新していく予定です。
私の頭はだいぶ悪いので、ネームが完成して五話が始まるのに時間はかかるかと思いますが…


ここまでヘヴヘルを読んで下さった皆様、もしよろしければ、どうかこれからもヘヴヘルをどうか宜しくお願いします!!!

「俺たちの戦いは、まだ始まったばかりだぜっ!」by次期魔王ヤイコヴ



では早速、今週のTOP絵をご紹介ですっ第五話の主人公、中級悪魔ノウです!!!





f0066215_2359927.jpg


中級悪魔ノウ 26歳 ヤイコヴのいとこ。もちろん童貞っ

ノウは今回の訓練を見守った魔界の一市民なので、戦闘能力の解説はしない。

家族構成は、父が最上級悪魔トワレ、母が中天使コロン。妹に、中天使ピーナがいる。

母は次期魔王ヤイコヴの父である古代種悪魔グフと兄妹。つまり、ノウと妹のピーナは二代目の聖王と魔王の孫という事になる。

更に、妹の中天使ピーナのつがいは古代種悪魔グイナフである。
古代種悪魔グイナフは魔王ブフィムと聖王アガタの子供で、将来王の父となる存在である。なので、ノウの妹のピーナは未来の王の母となる存在である。

母と妹は「王」というものに非常に深い縁があり、また父のトワレ自身も「王」について色々と研究をしている悪魔だったりするので、ノウの家族はノウ以外は皆何かしらの形で聖王と魔王に関わっている。

ノウ自身は、特にこれといったこだわりもなく日々を遊んで暮らしている。

好きな事は賭け事とタバコを吸う事。
ヘビースモーカーでタバコは手放せない。魔界は喫煙者に優しい国なので、何処でもスパスパ吸えるので快適らしい。もちろんポイ捨てもし放題っ(タバコ税は相当取られるらしいが…)
天界ではタバコを公道で吸う事は禁止されてたりする。

「人間の皆様は、マナーを守って喫煙をして下さい!ポイ捨ては絶対やめましょう!!!」by次期聖王シトル

ノウは本当にタバコが好きで、タバコを吸いながらしゃべる事が特技である。
成人した下級悪魔ダバイと、中級悪魔セアドベルはマブダチ。「ハァ?」が口癖。


と、ノウに関してはこれくらいにして終る事としよう。

ノウのキャラクター紹介を見てもらってもわかるが、ノウの解説はほとんどない。

彼の魅力は、彼一人では表現できない。つがいと一緒になった時、ノウはその真価を発揮するキャラクターだからだ。

そして、彼のその魅力は、五話ではあまり明かされないかもしれない。ノウはつがいの天使と出会ってからが本当に本番なのだが、少々やる事がある。それをやりきってしまえば、後はもう言う事は何もない。ノウはそんなキャラクターだ。


彼と彼のつがいが織り成す物語、 「Hate and Love.」
一体どんなお話になるのか…。次回を楽しみにお待ち頂たいっ!!!!!!!


で、そんなノウのつがいの天使の3サイズは上から98.61.90!!!!!!もう本編には出まくってるけど、皆様改めて4649ネ♪




では皆様…。
24週、四話を読んで下さってありがとうございます。四話はこれで終わりですが、ヘヴヘルはまだまだ続きます。
チャンネルはそのまま☆また、会いましょう!!!!!!!!!

[PR]

by astralchildmax21 | 2008-07-06 00:13 | 第四話 TOP絵
2008年 06月 29日

23週目、更新です!!!!!!!!

ヘヴヘル四話184まで更新しましたっ!!!
とうとう、あと一週分となりました。残り、8ページです。
来週更新のページは、四話が一枚だけで、残りは次回予告になります。次回予告はフルカラーなので、相当な激戦が予想されますが、一心不乱に描いて更新しようと思います!!!

私の漫画を読んでくださった皆様、私のような者の漫画を応援して下さっている皆様、本当に本当に、ありがとうございます!!!!!
色々と失敗の多い漫画ですが、どうか最後まで、お付き合いくださいますようお願い致します!!!本当に、ありがとうございます!!!!!!!

では、早速今週のTOP絵をご紹介ですっ ヘヴヘルの大主役にして、ヤイコヴ班の大将っ次期魔王ヤイコヴ様です!




f0066215_23524622.jpg


次期魔王ヤイコヴ 18歳☆ 下ネタに興味津々のお年頃。当然童貞っ!!!

戦闘能力は、6500。先週紹介した次期聖王シトルよりも、いや全力を出した上級悪魔ワィーグよりも弱いが、王としては平均的な強さである。次期聖王シトルが異常に強いだけで、王の強さは大体6000~8000位である。

魔界においては、次期魔王が次期聖王よりも年下であった場合を除いて、戦術に関する授業は選択科目になっている。
「王が強くなくても優秀な近衛隊で王を守ればよい、そもそも王自身が強かったらそれはそれで面倒だ」、という魔界の考えによってこのように決められている。
なお、天界では初級の戦術は聖王全員必修科目になっている。天界の場合、「自己防衛第一っ」との考えでそうしているようだ。

で、ヤイコヴ自身、「ラブ&ピース」を声高に叫び、戦術は何一つ勉強していない。
よって、今回の訓練においてはズブの素人もいい所で、本人自身、非・戦闘員としての参加を希望していた程である。
しかし、大将が非・戦闘員では面子が保てないという事で、その案は却下されている。

訓練においては、戦闘は全くしないで、作戦参謀および戦況における情報管理を担当。
自身をサーバーとして、班全員の精神会話を管理。
ヤイコヴは、その見かけによらず高性能でセキュリティーに関してもハード・ソフト両方頑丈に作られており、非常に安心・安全の設計だったので、訓練では地味に活躍していたようだ。


今回の訓練で、本来ヤイコヴは負けていたはずであった。シトルはハチマキを最後まで盗られておらず、+1ポイント追加されるはずだったからである。

しかし、ヤイコヴがハチマキよりも難しい位置にあったシトルのブラを盗んだ事に気が付いた聖天使ユリナは、最上級悪魔ノーマンと相談し、ヤイコヴとシトルを引き分けにしている。
また、ヤイコヴがシトルを肩車していた事も解釈が分かれた所らしい。ヤイコヴが「シトルごと盗んだんだっ」と訴えて裁判を起こした場合、結果が出るのに数年かかるであろう事が予想された。
その為、「引き分けにしようっそうしようっ」と強引にユリナは勝敗を決めたようだ。

ヤイコヴはシトルのブラを盗んだ事で、+1ポイント、おまけして貰ったと言っても過言ではないっ!

またこの出来事がもととなり、「ブラジャー盗んでハチマキ盗まず」ということわざが天界・魔界では流行する。(本来しなくてはいけない事を全くせず、間違った方向でその才能を大いに披露し、逆に権威を示す事、という意味)


この点をご指摘下さったリオ様、大変ありがとうございました!!!また、同じように疑問をお持ちだった皆様、どうかこれでお許しください!!!ミスの多い漫画で本当に申し訳ございませんっ!!!
これからも楽しい漫画を頑張って描いていきますので、どうか皆様、ヘヴヘルを宜しくお願いします!!!!!!!!!!!





つがいは、次期聖王シトル。ヤイコヴの家族構成に関しては、姉である大天使マヨリの項を参照されたし!

性格は、非常に陽気で王としてのカリスマ性はあるのだが、若干(というか相当)頭が悪い事と、何か気に入らない事があれがすぐにカッとなって物を壊してしまうという欠点がある。

祖父母が大昔の天使・悪魔なので、ヤイコヴには大昔の、まだつがいとして別けられたばかりの天使・悪魔の血が濃く流れている。

太古の昔、嘘ばかり吐いて悪魔の感情が読みにくい事に恐れを抱いた神は、悪魔の瞳に感情によって変化する色をつけた。
感情が高ぶれば雌の悪魔は金色に、そして雄の悪魔は紫色に変化するようにした。

大昔の天使・悪魔には、この太古の時代の悪魔の特色が遺伝し、天使・悪魔の中には感情によって目の色が変化する者が多く居たらしい。天使は金色に、悪魔は紫色に変化する目を持っていた。
しかし、長い歴史の中でその遺伝子は淘汰され、今現在、そのような目を持つ天使・悪魔はいない。
もし居るとすれば、それはヤイコヴのように大昔の天使・悪魔の血を強く持つ者だけである。
(姉のマヨリも目が変化するらしいが、マヨリの場合感情の変化に乏しい事と、感情が高ぶればすぐに全力状態になってしまうので、金色の目になる事は滅多にないらしい。)

先週紹介した次期聖王シトルが「品種改良された甘いトマト」ならば、ヤイコヴは、「原種のトマト」、といえるだろう!


後見人魔王ナイクの考えにより、ヤイコヴはその行動にほとんど制限を付けられていない。

近衛隊の上級悪魔ジェダンゾか上級悪魔フロウが非番でない限りは外に自由に出て良いし、勉強もしなくてもよい。思う存分、自由にしていい。
但し、自由にした結果何か問題が発生しても、それは次期魔王自身が責任をとって償わなければならないという厳しい一面もある。

ヤイコヴの補佐であるピーパインとコックスは、この育て方ではヤイコヴが駄目な魔王になってしまうと危惧しており、方針の転換を何度か求めている。
しかし、魔王ナイクは「ヤイコヴの自主性を重んじる」の一点張り。その訴えには一切応じていない。

ヤイコヴ自身は、ある目的達成の為にこの立場を利用しているようだ。(傍目には、遊んでいるようにしか見えないが…)


次期魔王ヤイコヴは、全ての天使・悪魔の為にある未来を目指して懸命に頑張っている。しかし、その未来を生み出す事は非常に難しい。
だが、「あの子の笑顔が見れるなら…」そう思って次期魔王ヤイコヴは毎日を送っている。

ヤイコヴの目指す未来に不可欠の存在である彼のつがいの3サイズは、上から74・54・79!!!!!
胸がペタコンなのが、ヤイコヴのつぼらしいよ♪




では皆様、来週もまたお会いしましょう☆
[PR]

by astralchildmax21 | 2008-06-29 00:12 | 第四話 TOP絵
2008年 06月 22日

22日に、22週目を更新しましたっ

ヘヴヘル四話176ページまで更新しましたっ!!残り16ページ、残り二週です…!
あと少しいう時に、腱鞘炎が悪化してきました…(汗)でも後二週…。なんとか頑張って更新しますので、どうか皆様、最後までお願いしますっ

私の漫画を読んで下さった皆様、また更に応援までして下さっている皆様、そしてポチっとなをして下さった皆様、本当に本当にありがとうございますっ!!!!!!!


では、早速今週のTOP絵をご紹介っシトル班の大将、次期聖王シトル様です☆



f0066215_0204326.jpg


次期聖王シトル 13歳。純真無垢な乙女です♪
天界の性教育は18歳からなので、シトルは「童貞」とか「処女」の意味は全くわかりません!

戦闘能力は9978。まだ13歳なのに、戦闘能力が異常に高い。歴代聖王ベスト10に入る強さを持つ。(歴代聖王でもっとも高い戦闘能力を持っていたのが、75代聖王ティアラである。)

シトルはまだ「成体」ではなく、あともう一度「成長」する事が出来る。「成体」に「進化」したら、一万クラスになるのではないか、と言われている。

(ここまで読んで、「ジェダンゾより弱いじゃないかっ」と思われた方もいるかもしれない。これは、戦闘能力のみの数値である。
他の数値、例えば魔力とか体力等は、聖王や魔王は他の天使・悪魔なぞ比較にならない位高い。
シトルがレベル30でジェダンゾがレベル99でMaxだったと仮定しよう。その際、戦闘能力(攻撃力・防御力)はジェダンゾの方が圧倒的にある。
しかし、HPやMPに目を向ければ、シトルは既にHP・MP共に9999あり、ジェダンゾは5000しかない、という感じである。更に言うなら、シトルはターン毎にHP・MPが全回復、10回までなら死んでも生き返れる、しかも一度のターンで3回攻撃が出来きたりもする。
王の持つ強さとは、攻撃力や防御力とはまた違うベクトルにある、といえる。)


つがいは、次期魔王ヤイコヴ。家族構成に関しては、最上級悪魔ピーパインと兄妹になる。詳しくは、そちらを参考にされたし。

次期聖王シトルは、聖王と魔王から直接生まれた聖王である。

聖王と魔王は、一般的には古代種の天使・もしくは古代種の悪魔を親にして生まれてくるのだが、古代種を通さずに聖王・魔王から直接生まれてくる場合もある。
なお、王から直接生まれた王の方が古代種を通して生まれた王よりも魔力や体力が高い傾向にある。

王から生まれた方が良い気もするが、王から直接生まれると親から受け継いだ力が強力過ぎて、かえってそれが悪影響を与える事もある。
生まれた時から変な病気を患っていたり、体の成長が鈍かったり、異常性が精神に出る天使・悪魔もいる。
こういった疾患が出やすい事は、王から生まれてく古代種の悪魔・天使をみれば如実に解る事である。
なので、古代種と他の天使・悪魔から生まれた王の方が、派手さはなくとも安定性は高いといえるだろう。
(シトルの場合、父である魔王ピーディクスの持つ遺伝子が、大昔から色々な悪魔・天使との交配を繰り返して進化した遺伝子であった為、そのような疾患は特にでなかったようだ。ピーパインの目は赤いが、これは様々な天使・悪魔との交配を、長い歴史の中で行った事によって生み出されたものである。
シトルやピーパインは、云わば「遺伝子改良を繰り返して生まれた甘ーいトマト」と云えるだろうっ)


シトルの両親は、147代目の王であった魔王ピーディクスと聖王テトルであるが、シトルも兄のピーパインも両親の死後、霊界で生まれている。
これは、聖王と魔王は死んでからも子供を作る事が出来る為。
この関係からか、聖王と魔王は生きた状態で霊界に自由に行き来できるようだ。(普通の天使・悪魔は、死なないと霊界には行けない。)


シトルが生まれた際、天界の天使は皆「素晴しい資質を持つ王を神から授かったっ」とシトルの誕生を祝った。それから13年、皆の祈り・願いを受けて、シトルはその才能を開花させる。
勉強もスポーツも一番、お料理もさせれば上手に作るし、お裁縫もお掃除もなんでも器用にこなす。麻雀だって、今はヤイコヴよりも強い。

真面目で実にしっかりしたシトルだが、そんなシトルの心をかき乱し冷静さを無くさせてしまう相手が一人だけいる。
その悪魔に会うと心が波立って落ち着かなくなり、「悪魔は嘘を吐くから、信じてはいけない」という教えも忘れて、その悪魔の話につい耳を傾けてしまう。その悪魔が絡む話になれば、客観性をなくして過剰に反応。兄が吐いた嘘に騙されたりもする。
出来れば会いたくない。でも、会いたい。会って色々と話がしたい…。でも、会いたくない…。
シトルの心はいつもその悪魔の事になると、複雑に揺れ動きはじめる。

完璧な彼女に弱点があるとすれば、それはこういった面だろう。
ちなみに、彼女の心を奪って落ち着かなくさせてしまう悪魔は、次週TOP絵に登場との事。どんな悪魔だろうね!

優等生だけど、まだまだ子供っぽさも残るシトルのバストは、74cmっ☆
次期魔王ヤイコヴにブラを奪われた事にも気付かない程小さい。
でも、未来ではきっと大きくなるはず!と夢見てるシトルを、どうか今後ともヨロシクね☆
(大人になっても、バストは83cmだけどね♪)



では皆様、来週もまたお会いしましょう♪
[PR]

by astralchildmax21 | 2008-06-22 00:31 | 第四話 TOP絵
2008年 06月 15日

21週目、更新成功っ(読む際、数字の所では、アホになって下さい)

ヘヴヘル四話168ページまで更新しましたっ!!!

とうとう、とうとう、残り三週、三回、24ページです!!!!(音読される際は、数字の所でアホになって下さい。)
残りの更新も、力の限り頑張ります!

それと、コンテンツのデザインを少しいじりました。
今まで、WCRの投票のボタンに関してゲストブック等でご指摘下さった皆様、私のわがままで対応が遅れて申し訳ありませんでした。
また、ゲストブックで提案されていたTOPに置くのも、やってみました。提案して下さったnao様、ありがとうございますっ
本当に、ご指摘下さった皆様、ありがとうございました!色々と不備の多いHPですが、どうかこれからも宜しくお願いしますっ


私の漫画を読んで下さった皆様、更には私の漫画を応援して下さっている皆様、そして今日は父の日☆全国・全世界のお父さん、本当にありがとうございますっ!!!!!!!
四話も残り三回ですが、どうかラストまで宜しくお願いしますっ!!!!!!!!!


では、早速今週のTOP絵をご紹介ですっ

成人した下級悪魔トムカク・背後に何か見えるけどVerですっ



f0066215_016736.jpg



成人した下級悪魔トムカク。42歳、独身っ え?子供に見える??立派なおっさんで童貞です!


今回の訓練には、全く関係ない民間人。なので、戦闘能力などあまり意味がないが、一応記述しよう。
戦闘能力は1100~9999!下位悪魔でこれだけ強いというのは、もはや異常で、大変おかしい事である。更に伸び幅が広いのには、色々と秘密があるようだ。
トムカクと同じような戦闘能力を持つのが、堕天使マグル(大天使マグル)のつがいである中級悪魔ドンドーと、五話で登場予定の天使、中天使コロン。(コロンは、次期魔王ヤイコヴの叔母である)
この三人には、ある共通点がある。また、中級悪魔ドンドーとトムカクは友人である。


山登りや冒険を趣味とし、天界魔界、更に人間の世界の全ての山を制覇しており、彼の数々の逸話は、伝説の悪魔、「師匠」の話として魔界では有名である。

魔界では、この師匠に関する噂が幾つもあり、師匠の正体に関しては「師匠は2m位身長があってとにかくゴツイらしいっ」が通説になっている。
伝説の師匠が、成人した下級悪魔トムカクであると知る人は少ない。トムカク自身、師匠に関する噂を耳にしてその噂の尾びれ背びれっぷりに呆れている程である。

なお、師匠と呼ばれるようになった経緯は諸説紛々あるが、その説の中で「149代魔王イザベロ様の釣りの師匠だから」というのが一番信憑性のある話であると言われている。



家族は、妹に中天使レイナがいる。妹のレイナが生まれた時に両親は既に死んでいたので、レイナは当然両親の事を知らない。トムカクは、自分達の親の事を知っているが。

トムカクはレイナを愛情をもって大切に育てたので、レイナは両親がいない事に引け目を感じた事はない。が、家庭内でもタブーはあったようで、それが、二人の両親の事であった。

トムカクが、レイナに親について話した事は二つ。名前と、顔。
レイナはお父さん似で、自分はお母さん似という事、レイナの大きいお尻はお母さんに似ちゃったね(汗)という事くらい。

二人の親が並みの聖天使と中級悪魔というのは、全て嘘である。
何しろ、トムカクが生まれた時の戸籍は並みの最上級悪魔と中天使だったから。
真実を知るのは、トムカクとわずかな悪魔・天使だけで、その殆どが現在は他界しているようだ。


絵を見ると、何か後ろの方に見えるような見えないような…。

姿は、古代種の悪魔のようだ。古代種は聖王と魔王からしか生まれてこない特別な階級で、古代種の天使・悪魔は全て、未来の王の父もしくは母になる存在である。

聖王と魔王、そしてその子供である古代種との関係について研究している悪魔が魔界におり、彼は次回五話で登場予定である。(次期魔王ヤイコヴの叔父さんで最上級悪魔トワレという。)
トムカクと、その背後に見えるような見ないような古代種悪魔の謎は、その最上級悪魔が解き明かすかもシレナイネ☆


トムカクが40を過ぎて独身なのには訳がある。
どうもトムカクのつがいである天使様は、現在の階級を引退して高天使になるか、堕天使にならないと一緒になれない階級にあるらしく、それで彼はずっと独身なのである。

彼女は、彼を目の前にしても特になんとも思わない。むしろ、上司の天使にお熱なくらいで、トムカクはただただ遠くで彼女を見守り、困った時にはそっと手助けする事しかできない。



天使様の為なら妹も売り飛ばす、そんな実は鬼なトムカク師匠のつがいの3サイズは、上から89.54.80!!!!!
つがい共々、赤ちゃん悪魔ちゃんをヨロシクですの~☆




では皆様、来週もお会いしましょう♪
[PR]

by astralchildmax21 | 2008-06-15 00:20 | 第四話 TOP絵
2008年 06月 08日

20週目、更新ですっ!!!!!!

ヘヴヘル四話160ページまで追加しましたっ
残り4週、ページ数にするなら、残り32ページになりましたっ!!!!!!!

私の漫画を読んで下さった皆様、そして、ヘヴヘルを応援して下さっている皆様、いつもありがとうございますっ☆☆☆
四話も残りあと4週です。どうか皆様、最後までお付き合いくださいますよう、宜しくお願いしますっ!!!!!!!!

毎週描いていたTOP絵も、あと四枚…。でも、感慨深い気持ちになるにはまだ早いですね(汗)
ではっ早速今週のTOP絵をご紹介ですっ♪


実はお尻が大きい、中天使レイナですっ☆


f0066215_178543.jpg


中天使レイナ 22歳。 新妻頑張れっ

魔界天界合同訓練において、「必要である」と次期魔王ヤイコヴからの勅命を受け、訓練に非・戦闘員として参加した中天使レイナ。

レイナの潜在能力はとても高く、なんと戦闘能力は1000!レイナは本気を出せば、つがいである最上級悪魔ピーパインを倒すことが出来るっ(まあ、本人はそんな乱暴な事したいとは全く思っていないし、そもそも自分がこんなにも強いなんて事にも全然気が付いていないが…)

およそ下位天使とは思えないほどの戦闘能力に加え、山育ちである事や、その階級や人柄ゆえ天界側に目を付けられる事はないだろうというヤイコヴの考えから、彼女はとっても重要な任務を任されている。
任務に関しては、ネタバレになるので、本編でお確かめ頂きたいっ



つがいは、最上級悪魔ピーパイン。
並みの聖天使と中級悪魔の両親から生まれており、20歳年上の兄、成人した下級悪魔トムカクが一人いる。

レイナが生まれてすぐに両親が亡くなっているらしく、彼女は兄のトムカクによって育てられた。だから、レイナは両親の顔は全く知らないようだ。

二話で本人も言っているが、天使になる前は重病を患った人間の女の子であった過去を持つ。

兄のトムカクは、レイナが天使になる前に人間だったと言う事実を笑ったりはせず、素直に受け取ってくれた。そんな悪魔にしては珍しい?、心優しい兄に育てられ、スクスクとレイナは育つ。

身近にいた悪魔である兄が優しすぎたのがいけないのか、ふとした時に思い出す人間だった頃の記憶が邪魔をするのか、レイナはどっか下位天使らしくない天使になってしまい、そのせいでピーパインの所に行くのが二年遅くなった。
二年もレイナが来なかった事にピーパインは相当落ち込んだのか、上位悪魔ではありえないラブレター作戦でレイナを魔界に呼び出す事になってしまった事実は、ここだけの秘密である。


本人は気が付いていないが、感情が高ぶると目が黒から金色に変化する特異体質である。

レイナは普段から大人しい性格であまり感情に変化がなく、更に驚いている時に鏡を覗いてみるなんて特異な事もしない為、自分にそんな生理現象があるとは全く気が付いていない。(兄のトムカクも、感情が高ぶると目が黒から紫に変化する。)


現在はつがいであるピーパインの家畜として魔界で暮らしているレイナ。
今回の訓練の間中、レイナは次期魔王ヤイコヴの天使となっており、ピーパインの家畜ではなくヤイコヴの天使として、ヤイコヴの指示に従って行動している。

次期魔王ヤイコヴがレイナに出した命令は、「時が来るまで、自由に過ごしていいよ♪」というものだった。
その命令に従い、彼女は同じ下位天使の友人を作って皆と遊んで、久々に楽しい時を過ごしたようだ。


その幸せは、訓練が終ると同時に終る。訓練が終れば、レイナはまたピーパインの家畜としての生活に戻る。
レイナが、ピーパインの家畜ではなくピーパインのつがいとして自由に暮らせる日は、果たして来るのであろうか…。



こんなレイナだが、なんと胸よりもお尻が大きい。ヒップは100cm♪
普段、フワッとしたスカートを着ることでその大きなお尻を誤魔化していたレイナだが、今回の訓練でとうとうその大きなお尻が公衆の面前に晒されてしまったっ!!!!!
まだ肝心のピーパインにはバレて無いようだが(汗)


大きいお尻も含めて、レイナをどうか皆様、4649ネ♪♪♪



では皆様、来週もまたお会いしましょう☆
[PR]

by astralchildmax21 | 2008-06-08 17:13 | 第四話 TOP絵
2008年 06月 01日

19週目、更新成功ですっつつ!!!!!

ヘヴヘル四話152ページまで更新しましたっ!!!!!!!
初の144ページ越えの上に、カラーページも2枚あったので若干死にそうになりましたが、なんとか出来ました…!

第四話も残り5週っっ
ヘヴヘルを読んでくださった皆様、更にはヘヴヘルを応援して下さっている皆様、本当にありがとうございますっ!!!!!!!

毎週連続更新も、あと五回で終わりです。残った力を全力状態にして頑張りますので、もし宜しければ、来週も四話を宜しくお願いしますっ!!!!!!



では、今週のTOP絵をご紹介ですっ!!!!!!

シトル班唯一の子持ちカップル、聖天使ユリナと中級悪魔スコールですっ♪


f0066215_12463414.jpg


聖天使ユリナ 50歳  中級悪魔スコール30歳っ  愛に歳の差なんてっ関係・ないからっ関係ないからっ

聖天使ユリナは、298代目の大賢人を引退して後に現在の聖王、聖王ポーレッタの相談役として政治に参加している。
ので、次期王同士が行う今回の訓練に彼女が参加するのは、少々畑違いのことだ。

現職の聖王を主とするユリナがつがいである中級悪魔スコールと共に立会いとして参加する事になったのは、魔王イザベロの相談役を務める最上級悪魔ノーマンがつがいの中天使ネーブルと共に立会いになった事を受けての事である。

天界と魔界では、両国で何かをする時はお互い条件を合わせてする事が通例である。
今回の訓練でも、戦闘員の戦闘能力は合計して誤差500以内になるようにメンバーを選出している。

優秀な次期聖王シトルと、そうではないと巷で噂の次期魔王ヤイコヴとの対決のみならず、実弟である一万オーバーの上級悪魔ジェダンゾ君の実態調査など、大賢人である聖天使ユリナには興味深い対象が多いので、ユリナ自身はとてもハッスルしている様子である。


二人の家族構成について説明しよう。
聖天使ユリナはあの「一万オーバーのジェダンゾ君」の姉である。ので、彼女の詳しい説明は上級悪魔ジェダンゾの項を参照されたしっ
ちなみに、中級悪魔スコールはバーサーカーエンジェルのボスである大天使タイフーンと姉弟だったりする。
先週も書いたが、世間は狭いっ


子供は二人。双子の悪魔を生んだ。
長子が将来最上級悪魔になる下級悪魔レインボー、第二子が将来上級悪魔になる下級悪魔サンである。
子供二人に気象にちなんだ名前をつけている。これは、中級悪魔スコールの実家の風習を気に入った聖天使ユリナが考えたものである。

あと二人天使を生めば、それでユリナとスコールのすべき仕事は終る。だが、ユリナにはちょっとした心配事があるようだ。それは、大賢人故に知ってしまった子供達二人の真実。

もし、次期魔王ヤイコヴが天使・悪魔にとって良い未来を選択してくれれば、彼女はあと二人、天使の子供を授かれるかもしれない。



天界では、つがいは上位天使と下位悪魔の組み合わせしかいない。ので、天界に居る悪魔は皆下位悪魔である。

下位悪魔である中級悪魔や成人した下級悪魔は魔界では最下層だが、天界ではそれが逆転し、一番偉い悪魔は下位悪魔になっている。
なので、天界において一番偉くないのは魔王や次期魔王で、二話で色々と最上級悪魔ピーパインが冷遇されていたのは、こういった天界側の事情が背景にある。

下位天使はつがいが上位悪魔という事で皆悪魔に対して敵対したりはしないが、上位天使ともなればその逆で、天界では色々な所で悪魔を穢れたモノであるとして差別している事が多い。

つがいである下位悪魔の事も上位悪魔と同様に嫌っている上位天使はとても多い。
もっとも、悪魔のようにそれを露骨に表現する者は少ない。

表向き下位悪魔を優遇し、彼らを尊重している様に見える天界の天使たち。
上位天使達による悪魔への差別は、一体どの様なものか…。それは、第五話にて色々と語られてくる事だろうっ!

なお、スコールとユリナは絵からも分かるように非常に仲のよいカップルである。
仕事に趣味に夢中のキャリアウーマンの妻を、陰で支える専業主夫の夫といった感じである。

で、絵を見てもよーく解るように聖天使ユリナのバストはでっかく103cmもあるっ☆天界で一番のデカさであると評判のユリナのパイオツカイデーに、今日もスコールはハートマークの瞳でラブコールしているようだ。


聖天使ユリナと中級悪魔スコールは、第一部魔界編ではあまり登場しないが、天界編や第二部では色々と縁があって活躍すると思われる。この二人に、今後とも注目して頂きたいっ!!!




では皆様、来週もまたお会いしましょう☆
[PR]

by astralchildmax21 | 2008-06-01 12:54 | 第四話 TOP絵
2008年 05月 25日

18週目、更新っっつつつ

ヘヴヘル四話144ページまで更新しましたっ!!!
これで、とうとう第三話のページ数に到達しました。次週より、未経験のページ数に突入です。果たして最後までいけるのか…。
残りとうとう6週、一生懸命頑張ろうと思いますっ!!!!!!!

ヘヴヘルを読んで下さっている皆様、更にヘヴヘルを応援して下さっている皆様、いつも、本当にありがとうございます!!!!!!!!!残り6週の第四話を、どうか宜しくお願いしますっ☆

なお、今週更新のページに一枚、カラーがあります。へヴヘルにおいて、二色の際のカラーページはプロローグと次回予告の他に、物語上とても大切な場面にも使われます。今回、とても大事なシーンがあったのでカラーにしました。来週のページにも数枚、カラーが含まれるのではないかと思いますっ!

一体どんなシーンか…グッとネタバレしたい気持ちを抑えつつ、今週のTOP絵を紹介しようと思いますっ!!!!!!!!

ヤイコヴ班の大変貴重な非童貞と非処女のカップル、最上級悪魔ノーマンと中天使ネーブルだべーーー☆



f0066215_0304939.jpg


最上級悪魔ノーマン 50歳 そのつがい、中天使ネーブル 30歳  年の差20!!!

最上級悪魔ノーマンは、298代目の元大賢人で、現在は149代目の魔王イザベロの相談役として働いている。

今回の訓練には夫婦で立ち会いとして参加している。
ノーマンはイザベロの腹心の友であり部下なので、実際は次期魔王ヤイコヴの能力を調べる為にイザベロが差し向けたスパイと言ったほうがいいかもしれない。

家族構成に関しては、ノーマンの母親は元聖天使、現在は高天使のナフィストラ。元297代目の大賢人。父親は中級悪魔ゴールメン。妹に聖天使クライマー(昔の名前はノウェル。)がいる。妹のクライマーは勘当されており、戸籍上兄妹ではなくなっている。
つがいは中天使ネーブル。
ノーマンとネーブルの間には既に将来最上級悪魔になる下級悪魔ヌングルドが一人いる。
あともう一人生めば神によって定められた子供を生んだ事になり、ノーマンとネーブルの仕事はひと段落する。
おそらく、四話から数えて2.3年後に聖天使になる天使が産まれてくるんじゃないかな???と思われる。

ネーブルの方の家族は多い。父と母に加えて、なんと兄弟が三人もいる。兄弟全員下位悪魔・下位天使で、ネーブルは長子となる。下に悪魔が二人に天使が一人いる。

世間は狭いというかなんというか、ネーブルの弟の一人・中級悪魔リッドロはノーマンの妹であるクライマーとつがいだったりする。
で、大天使タイフーンのつがいである中級悪魔ブッタオもネーブルの弟で、もっと言ってしまえば、将来出会うであろう上級悪魔ワイーグのつがいである中天使シンシディアも、ネーブルの妹だったりする。いやはや、世間は本当に狭いっ

なお、兄弟全員目の中に星がある。
この星を持つ天使・悪魔は「レア」と言われており、昔から「星の目を持つつがいを持った奴は幸せになる」なんて言い伝えがあったりもするが、実際は何の御利益もない。
この星の瞳は下位天使・下位悪魔にだけ現れる。
何故、こんな目になるのか…。天使・悪魔のちょっとしたミステリーである。

余談だが、ノーマンの一族は名前に「N」の頭文字がつく「Nの一族」と呼ばれる一族で、代々学者や大賢人を輩出している家系である。
その遺伝子を辿っていくと、大昔の太古の天使最後の王、聖王ヌーグにたどり着くといわれている。
んが、太古の時代の最後の聖王である聖王ヌーグは史実上独身で、子供が居なかったと云われているので、この話は「Nの一族のファンタジー」と言われている。

更に余談だが、現在の魔界天界国立図書館(天界魔界国立図書館)は、太古の大昔の施設で、聖王ヌーグが所有していた事が分かっている。
施設の一部にまだ不明の部屋が幾つもあり、解明できていない太古の時代の資料も大量に眠っている。これらを解析するのも、大賢人達の大事な仕事である。

さて、Nの一族には不思議な伝統がある。それは、「敬語を使わない」というモノだ。この伝統に従い、王であっても敬語を使わずにため口で話しかける。

ノーマンはそんな一族のおかしな風習に反発。神に「私は自分より年上には敬語を使うっ(母親は除く)」と誓う。
主である魔王イザベロは自分より1歳年下なのでタメ、当然18歳の次期魔王ヤイコヴにもタメ、297代目の大賢人高級悪魔ソムゾ・ドゴールには敬語と、更に可笑しい自体に陥ったのは本人にも誤算だったようだが…。



ノーマンとつがいのネーブルは、魔界においても大変仲の良い夫婦である。こういったつがいは魔界ではまだまだ少数派で、他の上位悪魔達から批判の対象になる事もある。

ノーマンは母親の聖天使との仲が大変悪く、「天使ウゼー、マジむかつくー」と思って生きていたのだが、今から遡る事10年前、つがいであるネーブルに出会った事でその価値観が反転。
「自分のつがいだけ大事にする」としているが、ヤイコヴにとって頼もしい親天使家の一人である。
ノーマンのように、自分のつがいと出会う事で天使に対する見方が変わる上位悪魔は多い。
最上級悪魔ピーパインも、その一人と言っていいだろう。
またこういった価値観の変化は、他の階級・天使でも起こる事である。
しかし、それでも天使と悪魔が仲良く暮らせないのは、それだけ彼らが色々と争ってしまった歴史的背景、また、自分のつがい以外の天使・悪魔に好意を持てないといった事も大きく影響している。


最後になるが、ネーブルのバストは89cmある。美乳の持ち主と大変評判だとか…☆

未来で次期魔王ヤイコヴ及び次期聖王シトルと大変深い縁を持つ事になるノーマンとネーブル。彼らの活躍に、今後も注目して頂きたいっ



では皆様、来週もまたお会いしましょうっ♪
[PR]

by astralchildmax21 | 2008-05-25 00:35 | 第四話 TOP絵
2008年 05月 18日

17週連続更新達成しましたっ

ヘヴヘル四話136ページまで更新しましたっ
いよいよ17週目です。残り、7週となりましたっ!!!
24週連続更新も、あと七週…!!!残りの週も力の限り製作して更新しようと思いますっ!!!!!!!!
いつもヘヴヘルを読んでくださっている皆様、さらには応援までして下さっている皆様。本当に、心から感謝の気持ちで一杯ですっありがとうございます!!!!!


では早速、今週のTOP絵をご紹介ですっ

聖天使エリミカと成人した下級悪魔ダバイですっ☆


f0066215_141933.jpg



聖天使エリミカ 35歳。 新婚一年目の新妻♪

戦闘能力は、85。かけっこをしたらいつもビリ、給食は遅く図書館がホームグラウンド・運動は1でもお勉強はオール5っ☆そんなタイプが揃う大賢人らしい数値である。

最上級悪魔のポナイ・カムリやコックス、そして聖天使ルフィミカとは四つ子。エリミカが末っ子になる。詳しい家族構成は、コックスの項をチェックされたしっ。
つがいは、成人した下級悪魔ダバイ。

一年ほど前にダバイと出会い結婚。
今は夫婦二人きりで新婚ホヤホヤ、のはずだが、姉のルフィミカが常時家におしかけて来るらしく、夫婦の生活は阻害されまくりである。

天界側の299代目の大賢人。魔界側の299代目の大賢人である悪魔は兄のポナイ・カムリである。
兄妹揃って299代目の大賢人になったので、就任当時は話題になった。その、エリミカの痛々しい姿と共に。

エリミカの父は最上級悪魔で、母は中天使である。その為、幼少の間エリミカと姉のルフィミカは魔界で育った。だが魔界は、天使にとっては大変危険な場所である。特に、上位天使にとっては。
エリミカは、まだ子供だった時に三人の上級悪魔にリンチされてしまう。いざ、殺される…という時に、兄のポナイ・カムリが止めに入り、エリミカは死なずに済んだ。
もっとも、体には永遠に消えない複数の切り傷が残り、エリミカの心にも同様の、いやそれ以上の深い傷をつける事となり、それがエリミカを酷い「悪魔ビビリ」にしてしまった。
だが、そんな苦しみにも負けずに立派な大賢人となったエリミカ。
過去に上級悪魔にリンチされた聖天使が、無事大人になり、更には大賢人にまでなった…!世間はその事を大々的に取り上げ、話題にした。
彼女は、大賢人になる事でリンチをした悪魔達に復讐を果たしたのである!

そんなエリミカにとって、悪魔でもあるつがいを受け入れるのは相当大変な事のようだ。

彼女はつがいであるダバイを心の底から愛している。頼りにしている。
でも、なぜだろう。ダバイに自分の体をあずける事だけは絶対にしたくないと本能の部分で強く思っている。
本人は、初夜をしない理由を「身体的差がありすぎるから」としているが、本当の所は、あまりにも深すぎてエリミカ自身にも理解出来ていない…。


成人した下級悪魔ダバイ 26歳。 童貞だけど既婚者ですっ!でもって少年ではなく青年ですっ

戦闘能力は920。下位悪魔で900の数値を越す事は大変稀な事である。
ダバイの父は上級悪魔なので、その影響かもしれない。力もスピードも申し分ない。これで体も大きければ、もっとたのもしいエリミカのナイトになれそうだが。

つがいは聖天使エリミカ。
姉に大天使フィフィアバがいる。なので、詳しい家族構成はフィフィアバの項を読んで頂きたいっ

ダバイは体は小さいが力もあるし勇気もあるので、以外とエリミカをリードしている。結婚もしていると言う事で、まだ独身の友人達に対しては先輩面をしたりと、割と男らしいタイプである。
んが、如何せん頭が抜けているので微妙に頼りない感じである。

ダバイは父子家庭で育ったせいか、母親の顔も、そのぬくもりも知らない。
なので、つがいのエリミカに思い切り甘えたりして、幼少の頃に得られなかった愛情を一杯貰っている。
いつもエリミカの側にいて抱っこしてもらって十分幸せではあるが、本当はエッチをしたくてしたくてしかたない。
でもエリミカが色々と屁理屈をこねてエッチを避けようとするので、性生活に関しては大変不満を持っている。で、それと同じ位小姑が自宅におしかける事にも不満を感じているようだ。

ダバイがこの世で一番大好きで甘えたくてしょうがない彼のつがいの3サイズは、上から97、60、98☆☆☆お尻が大きめなのは、運動不足のせいだって!

こんなダバイと悪魔ビビリなエリミカを、どうか4649ネ♪




では皆様、来週もまたお会いしましょう☆
[PR]

by astralchildmax21 | 2008-05-18 01:47 | 第四話 TOP絵
2008年 05月 11日

16週目、更新成功!!!!!

ヘヴヘル四話128ページまで更新しました!!

毎週の更新に毎週ピンチを迎えつつ苦しい中、沢山の方々から応援のお言葉を頂き、とても感謝感激、心の底からありがたく思っております!

私の漫画を読んでくださった皆様、またヘヴヘルを応援して下さっている皆様、いつも本当にありがとうございます!!!!!
私はとても不器用なアホですので、お礼の言葉と漫画を描く以外に何も出来ませんが…。でも、本当にありがとうございます!!!!!!!
残り8週…!一杯頑張りますのでっ来週もどうか宜しくお願いします!!!!!!!


では早速、今週のTOP絵をご紹介です☆
聖天使ルフィミカです♪


f0066215_039272.jpg


聖天使ルフィミカ 35歳 結婚なんてまだ当分先…?

戦闘能力は、1000。弟の最上級悪魔コックスや、通常状態の大天使マヨリと互角。
持っている武器は鞭の一種と思われるが、四話で彼女が戦うシーンは残念なかったので、動く所はご覧頂けない。
先に付いている十字架を振り回して、悪魔を殴ったりする事が出来る。対悪魔用に呪いを込められた十字架で、殴られた悪魔には三日程不幸が続く。


最上級悪魔ポナイ・カムリの四つ子の妹で、最上級悪魔コックスと聖天使エリミカの四つ子の姉である。詳しい家族構成は、コックスの項を参照されたし。
つがいに関しては、今回はあえて伏せさせて頂きたい。ルフィミカのつがいが実は四話に出ていたなんて口が裂けても言える訳がないっ!!

性格は、気が強く酷い悪魔嫌い。
嫌いな者にはトコトン冷酷に、愛する者には独占欲を剥き出しにして突っ走るタイプ。
過去色々とあってマヨリをライバル視しているのだが、マヨリはルフィミカの事を全く気にしておらず、ルフィミカの片思いだったりする。あのポナイ・カムリをシメた過去があり、非常に凶悪な天使といえるだろう。
次期聖王シトルの補佐。将来は、シトルの宰相となる予定だ。
自分が仕える存在である次期聖王シトルの事を大変溺愛しており、その成長を見守りつつ彼女を支えている。


第一話より台詞付きで登場。今の所皆勤賞。現在は第一部魔界編という事もあり、上位悪魔と下位天使の登場が多い中で、上位天使でここまで出張っているのは大変すごい事である。

このHeaven to Hellの、原型ともいえるお話が生まれたのは1999年か2000年位だった。で、その時の最初の主人公が、実はこの聖天使ルフィミカと彼女のつがいの悪魔だったのだ。
当時はまだ落書きの段階であったが、ヘヴヘルは彼女と彼女のつがいが居なければ生まれなかった話である。
そういった点から見て、ルフィミカの登場の回数の多さは致し方ないという感じだろうか。


次回、第五話でルフィミカは主役となり、彼女のつがいとの物語を繰り広げていく。彼女と彼女のつがいがトリガーとなって、色々とお話が進む事だろう。



今は、まだ生意気で怖いねーちゃんという感じのルフィミカだが、以外に可愛い所もある。
バストは98cm♪マヨリに1cm負けて悔しがっている聖天使ルフィミカを、今後ともヨロピクね♪



では皆様、来週もまたお会いしましょう☆
[PR]

by astralchildmax21 | 2008-05-11 00:47 | 第四話 TOP絵
2008年 05月 04日

15週連続、更新っ!!!!!!!!!!

ヘヴヘル四話を、120ページまで追加しましたっ
これで、残り9週となりました。残りの週を、全力で駆け抜けて行こうと思いますっ!!!!!

私の漫画を読んで下さった皆様、そして、ヘヴヘルを応援して下さっている皆様、いつも本当に、本当にありがとうございますっ!!!!!!!
素晴しいGWが、皆様に訪れますように☆

では、早速今週のTOP絵をご紹介ですっ♪
最上級悪魔ポナイ・カムリと、成人した小天使カーニャです☆


f0066215_337756.jpg



最上級悪魔ポナイ・カムリ 35歳 独身最高っ
戦闘能力は、インテリ系の中のインテリ系が揃う大賢人らしく、90。100にもいかない。ノビ太並みの強さである。
力が貧弱な分、性格と口の悪さはかなりのもの。これに知能を+して、自分よりン倍も強い弟をシメる事に成功している。

つがいは、成人した小天使カーニャ。
家族構成は、前回紹介した最上級悪魔コックスと四つ子の兄弟なので、そちらをご覧頂きたい。

今回の訓練では、非・戦闘員として戦闘には参加しないが、情報操作を行ってヤイコヴ班を支援している。
シトル達には理解できない、でもヤイコヴとカーニャ、そしてコックスにとってはとても重要な任務の要を担当中。
この変なボールと、WAシリーズの「這いよる混沌」を彷彿させる様な変な服で、頑張って任務を遂行中である。多分。

ポナイ・カムリは299代目の大賢人である。

大賢人は全ての知識と知恵を持ち、また未来を視る力を持つ。
ある意味王よりも偉い彼らは、現役の大賢人を引退したら王の相談役となって宰相になるのが通例である。
ポナイ・カムリも、将来はヤイコヴの相談役になる予定である。
なので、ポナイ・カムリはヤイコヴ直属の部下なのだが、あまりポナイ・カムリはヤイコヴにへこへこしない。

コックスやピーパインは下手をこけば即効でクビだが、ポナイ・カムリはクビになっても、「元299代目大賢人」という肩書きは残る。
この肩書きを利用して、大賢人を目指す子供達を指導する塾を経営したっていいし、魔界天界国立図書館に入り浸ってもいい。
なんというか、大賢人というだけで死ぬほど偉いので、ポナイ・カムリに怖いものは何もない。(自分とカーニャの運命以外。)

で、性格の事もあってヤイコヴの三人の部下の中で常にヤイコヴに他の二人が言えない様な文句を言う役をポナイ・カムリが担当しているのである。

相性の問題もあって、ポナイ・カムリは相当ヤイコヴに打撃を与える事が出来る。
んが、ポナイ・カムリは今は大賢人という立場でもあるので、いっつもヤイコヴの面倒を見ている訳ではない。暇な時に見に来て、なんか文句言って帰るだけ。
ちょっとストレスが次期魔王ヤイコヴにかかるだけで、なんの影響力も無いのが現実である…。


怖いもの知らずのポナイ・カムリにも、悩みはある。それは、つがいであるカーニャの事。
果たして、カーニャと彼は幸せになれるだろうか…。それは、神だけが知っているのだろう…。








成人した小天使カーニャ 
こうみえて、もう20歳っ大人なんですっ児童じゃないんですっ!!!もちろん、まだ独身だよ♪

戦闘能力は、850。これは、下位天使にしては相当あるほうだ。
カーニャは戦闘に関する知識は0だし、戦う気もない。だから、カーニャ自体自分がそんなに強いとは全く気が付いていない。ゴキブリを前にしても、ただ怯えるばかりである…。

つがいは最上級悪魔ポナイ・カムリ。
家族構成は、戸籍がカーニャにはどういう訳かないので不明。
本人の自己申告で、「魔王のお父さんと聖王のお母さんと、古代種のお兄ちゃんと成人した下級悪魔のお兄ちゃんと、堕天使のお姉ちゃんと、6人家族です!」との事。
カーニャは嘘なんてついていないので、これは事実である。


戸籍が無かった為に学校にもいけず、非常に知能が低い。漢字が全く読めないので、読める本は絵本。ひらがなしか書けない。でもそれは全て勉強をした事がないから。頭自体は悪くない。

天界と魔界において戸籍は非常に重要な物で、これがないと学校に行けないし年金も受け取れないし就職も出来ない。
戸籍のないカーニャは、社会的に抹殺されているに等しい。

カーニャは下位天使なので、結婚の際にはつがいである上位悪魔の戸籍があればよいので、結婚だけは出来るようだが…。

現在は次期魔王ヤイコヴ専用の天使となって、その部下である299代目の大賢人専属のお掃除係という仕事に就き、お給料を与えられてヤイコヴと一緒に勉強もさせて貰ってとっても幸せである。

これにお姉ちゃんと悪魔様がつけば、もっと幸せにちがいない。


いつもフワフワとお空を飛んでちょぴりおバカなカーニャのバストは、72♪だいぶ貧乳だけどヨロシクね♪



では皆様、また来週もお会いしましょうっ!!!!!
[PR]

by astralchildmax21 | 2008-05-04 03:42 | 第四話 TOP絵